オフィスデザイン・レイアウト・移転事例

Case019 : ガシー・レンカー・ジャパン株式会社様

ショールームという考え方


アメリカをはじめ7ヵ国に拠点を持ち、化粧品・美容品の通信販売業をされています。
ショールームの機能を兼ね備え、曲線をうまく使ったモダンでフェミニンなオフィスデザインを提案しました。
エントランス

女性向けのサービスということと、社内も女性スタッフが多いことをうけて、曲線をうまく使ったフェミニンなデザインを提案いたしました。ご要望にもあったショールーム機能をエントランスに備え、お客様をおもてなしいたします。

執務スペース

エントランスから社長室・会議室・ワークスペースをつなぐ。各部屋のドアは鏡で出来ており、歩くたびに変化する様子はまさにカレイドスコープ。

会議室

壁が白、天井が白、チェアが白、テーブルが白、床のみが濃紺のプレーンな会議室。壁面は全てホワイトボードとなっているのでどこでも書き込める。会議・ディスカッションなどでクリエイティブな発想が生まれるたびにプレーンな会議室は有機的に変化していく。

社長室

この部屋も柱と梁が多く狭い印象をあたえる為、鏡と間接照明を有効的に利用してゆったりとした雰囲気を演出するのに成功した。

リフレッシュスペース

文字ではなく、視覚で部屋の利用状況を伝えるインジケーター。

会社名ガシー・レンカー・ジャパン株式会社
事業内容PROACTIVをはじめとする美容関連商品の開発・販売
プロジェクト区分【 オフィス移転 】
所在地東京都品川区上大崎
URLhttp://www.guthy-renker.co.jp/

この事例を見た方は、他にもこんな事例を見ています。


(c) SYOUEI CREATE co., ltd. All Rights Reserved