オフィスデザイン・レイアウト・移転事例

Case057 : ほくと総合法律事務所様

「 爽やかさと知的さ、そして遊び心 」


企業再生・倒産法分野、保険分野、コンプライアンス分野等を取扱業務の柱としつつ、企業法務を中心として、幅広いリーガルサービスを提供する、ほくと総合法律事務所。
爽やかで透明感と知的さを備えながらも、明るい木目や漆喰のナチュラルなテクスチャーによってお越しいただくお客様に安心感や温かなイメージも感じていただけるオフィス空間を創らせていただきました。
エントランス

エントランスやメイン会議室には、ほくと様のコーポレートカラーであるブルーを配色することで、爽やかでいて知的な印象を与えると共に、明るい木目や漆喰のナチュラルなテクスチャーによって、お越しいただくお客様に安心感や温かなイメージも感じていただけるような空間作りを意識しました。

コリドール

全ての会議室へのアプローチとなるコリドール(通路)部分も、外部からの採光を活用することで閉塞感を感じさせず、エントランス同様に明るく爽やかな空間となるような意匠を揃えています。
また、どの会議室も使用状況が外から分かるように、ガラスパーティションの中央にフォグラス(すりガラス)を貼るかたちをとっています。

会議室

エントランスのガラス奥に位置しているこの会議・ミーティングスペースは、オフィス内で一番小さなスペースながらも、ほくと様の名前の由来ともなっている北斗七星が導く先にある、最も光り輝く“北極星”がモチーフとなっている会議室。
エントランスのすぐ裏手に位置しているので、気軽に多くの方にご利用頂けるスペースとなりました。

こちらの会議室は他の会議室とはガラリと印象を変えた異色の部屋。
造作のニッチ(くぼみ)に本物の柄杓(北斗七星の日本語解釈)を壁面同様ブラックで塗装し、その中に照明で照らされた緑鮮やかなサボテンを植え“ユーモア”を取り入れています。このオフィスの見所、話題ともなる部屋です。
二番目に大きな会議室。大会議室とはまた表情を変え、暖色を中心に構成した温かい雰囲気の会議室。
この会議室には北斗七星をピクトグラムで表現したリブ材のパネルを両壁に配置。ビビットな赤のさし色が良い意味で会議や話題を刺激するような空間です。
ほくと様の名前にちなんだ北斗七星を照明で配置したメインとなる大会議室。
社内全体会議や大事なお客様をおもてなしするのに絶好の場所となっています。エントランスからのアプローチも長くコリドール(通路)側のガラス面も少ない為、安心して打ち合わせをすることができます。

会社名ほくと総合法律事務所
事業内容弁護士業
プロジェクト区分【 オフィス移転 】
広さ281u (85坪)
費用約14,100,000円
所在地東京都千代田区麹町
URLhttp://www.hslo.jp/

この事例を見た方は、他にもこんな事例を見ています。


(c) SYOUEI CREATE co., ltd. All Rights Reserved