空間デザイン・レイアウト事例

Case098 : 大宮自動車教習所様

「 オシャレなカフェスタイル 」 誰もが気持ちよく教習に臨める自動車教習所創り


高い指導力と確かな知識で多くの安全運転者を育成し続ける大宮自動車教習所様。教室棟の新築にあたって内装のデザイン及び施工を手がけさせていただきました。
エントランスや待合室はもちろん、トイレに至るまで、さわやかで心地よい 「 オシャレでカフェスタイル 」 なデザインを行いました。また高齢者用教室を1Fに設けるなど、老若男女問わず誰もが気持ちよく利用・教習に臨むことが出来る空間創りがポイントでした。
1F、エントランス

壁一面がガラス張りである教室棟の採光を最大限に活かし、天井はスケルトンにして開放感を、デザインは白と薄木目を基調とした爽やかさを感じる空間としました。

教習の合間、シャトルバスやキャンセル待ちといった時間を、時々の気分に合わせ過ごせるように、ソファ席から円卓、カウンター席まで様々なスペースを設置しています。 また、高齢者講習室を1Fにレイアウトし、階段の上り下りといった負担を軽減。通路も広く確保し、スムーズな導線も確保しています。

2F〜3Fロビー

たくさんの光が差し込む、明るく心地よいロビー。
講習の合間の休憩や、自習、リフレッシュができるスペースとして多くのテーブルを配置しています。特に階段付近のカウンター席は、教習コースを一望することができ、実技教習後の復習などを行うことも出来ます。

2F〜3Fの教室・自習室

2〜3Fにある講習室は、可動式間仕切りで広さを変えられるものから、大人数での利用を前提とした大会議室まで講習プログラムの用途に合わせて利用できるようになっています。
また、シミュレーションマシーンを設置した部屋や、自習用にPCルームなども備えています。

職員スペース

教習生がいつ来ても速やかな対応が取れ、気持ちよく迎えられるように、事務員のデスクは全てロビーに向かってレイアウトを行い、常にロビーに気を配れるようになっています。
指導員のデスクは丸テーブルとし、教習の合間の少ない時間にも円滑にコミュニケーションを取れるようになっています。
また、所長室の壁はガラスパーティションとし、所員全員が一体となれる空間創りを行いました。

トイレ

皆様に 「 とにかく気持ちよく活用していただきたい。お客様にとって心地よい教習所でありたい 」 という気持ちはトイレにまで行き届いています。
男女別に色分けされたガラスのモザイクタイルを使用し、オシャレで清潔感のあるトイレとなっています。

外観

教習コース側の壁が、一面ガラス張りの新しい教室棟。
昼間は十分な採光で屋内は明るく、夜間は照明で明るく輝き、大宮自動車様にとりシンボリックな建物となりました。

会社名大宮自動車教習所
事業内容自動車教習所
プロジェクト区分【 教室棟新築工事(内装) 】
広さ約118,182u (約390坪) ※ 3フロア合計
所在地埼玉県さいたま市見沼区
URLhttp://www.omiya-ds.co.jp/

この事例を見た方は、他にもこんな事例を見ています。



(c) SYOUEI CREATE co., ltd. All Rights Reserved