オフィスデザイン・リノベーション事例

Case103 : 漆間総合法律事務所 名古屋事務所 様

お客様目線に立った 「 独立性 」 を重視したオフィスデザイン


企業専門の法律事務所として、法務を主軸にしながらも経営・会計・税務の全体を見据えたきめ細やかなアドバイスを提供する漆間総合法律事務所様。今回は名古屋事務所の新規開設に伴いお手伝いをさせていただきました。
旧態依然とした敷居の高さ・重厚感を感じさせないデザインと、またお客様対応を行うエリアの独立性を保ったゾーニング・レイアウトが、今回のオフィス創りのポイントでした。
エントランス

明るく敷居の高さを感じさせないながらも、天然石材やリブ材など素材にこだわることで弁護士の質の高さを表現したエントランス。
エントランスと通路スペースを兼用させることで空間に広がりを与えています。

会議室・執務室

会議室はお客様の個人情報を伴う打合せを行うため、執務エリアを挟むようにゾーニングを行うことで、各会議室の独立性を保ったレイアウトにしています。
シンプルながらも温か味のある落ち着いた空間でお客様をお迎え致します。

会社名漆間総合法律事務所 名古屋事務所
事業内容弁護士業
プロジェクト区分【 新規開発 】
所在地愛知県名古屋市中村区
URLhttp://www.uy-law.com/

この事例を見た方は、他にもこんな事例を見ています。



(c) SYOUEI CREATE co., ltd. All Rights Reserved