オフィスデザイン・リノベーション事例

Case112 : 某不動産投資コンサルティング会社様

デザイン性と落ち着きを兼ね備えた 「 安心を感じる、温か味ある空間 」創り


収益不動産を中心にお客様の資産形成を支援する、某不動産投資コンサルティング会社様のオフィス移転を手掛けさせて頂きました。
華美なデザインではなく、爽やかさ・透明感・上質さをテーマに、資産形成を行うパートナーとして、お客様に心地よさや信頼感を与えられる空間創りを行いました。
エントランス・ミーティングブース

爽やかさ・透明感・上質さをテーマに、お客様にとって心地よい空間をデザインしたエントランス(※タイトル写真)。

ご案内するまでの間お座りいただく待合席からは、打合せブースや会議室・セミナールームが見渡せる場所に設置。それぞれの打合せに向かう社員が、お客様へのご挨拶をするなど、細やかなコミュニケーションを生み出します。

会議室

ゆったりと座れるチェア、またそのチェアから壁までの距離をゆったりと確保した会議室。空間にゆとりがあることで、じっくりと腰を据えた落ち着きある打合せを行うことが出来ます。

セミナースペース

セミナースペースは、2つの壁面にホワイトボードが設置されており、デスクの向きを変えることで人数に合わせた運用が出来るようになっています。

会社名某不動産投資コンサルティング会社
プロジェクト区分【 オフィス移転 】

この事例を見た方は、他にもこんな事例を見ています。



(c) SYOUEI CREATE co., ltd. All Rights Reserved