オフィスデザイン・増床事例

Case113 : Arthrex Japan 株式会社様

個別ブースによる集中作業とコミュニケーションを両立するアットホームな空間デザイン


Arthrex Japan 株式会社様は、アメリカに本社を構える、整形外科分野において全世界的にネットワークを持つArthrex社の日本法人です。そのオフィスの増床・デザインプロジェクトを手掛けさせていただきました。
個別ブースによる集中作業とコミュニケーションを両立するアットホームな空間デザインと、来客・社内両サイドからダイレクトに活用できる会議スペースのレイアウト設計が今回のオフィス創りのポイントでした。
エントランス

海外より外国人スタッフや役員の方がいらっしゃるため、壁面は「校倉(あぜくら)」を意識した仕上げ、床は畳、木目のシートを活用するなど、「和」を意識した温かみのあるデザインを行っています。

会議室

お客様をお迎えするレセプションスペース側とワークスペース側の両サイドからダイレクトに利用できるように扉を2つ設置することで、より業務効率を高めた会議室。
海外本社との打合せのための会議システムも備えています。

ワークスペース

個人の作業効率を高めるためのブース形式のワークスペース。外資系企業のオフィスで採用率が比較的高いスタイルです。
働く社員が閉塞感を感じないようにブース内の空間を広く設計しています。ゆったりとした快適な自分だけの空間で、集中して作業に取り組むことが出来ます。

リフレッシュスペース

ワークスペース内に設けられたリフレッシュスペース。
個別ブースとは対照的に開放感ある窓際にレイアウトを行い、仕事の合間のリフレッシュやランチはもちろん、 社外にいることも多い営業セクションの社員との、ちょっとした情報交換や打合せに活用される多目的スペースです。

会社名Arthrex Japan 株式会社
プロジェクト区分【 オフィス増床 】
広さ約396u (約120坪)

この事例を見た方は、他にもこんな事例を見ています。



(c) SYOUEI CREATE co., ltd. All Rights Reserved