医療施設リノベーション事例

Case139 : メットライフ生命保険株式会社 様

小児がんとたたかう子供たちを応援するリノベーションデザイン


保険を通じ、革新的かつ幅広いリスクに対応できる商品を提供しているメットライフ生命保険株式会社様。そのプロジェクトの一環として、小児がんに対する陽子線治療の先駆けである筑波大学付属病院 陽子線医学利用研究センター内 「 陽子線照射室 」 リノベーションのお手伝いをさせていただきました。
子供たちが 「 前向きに 」 そして 「 明るく 」 治療にのぞめるような環境つくりを目的に、メットライフ生命様のブランドアンバサダーである世界的に有名なキャラクターにてラッピングした空間つくりを行いました。
陽子線照射室

照射室には、子供たちが少しでも明るく勇気を持って治療にのぞめるようにと、「 子供たちに親しみのあるキャラクター 」 のグラフィックを施しています。
各キャラクターを子供たちの目線の高さに合わせ、みんなで照射室に向かうようにレイアウトすることで、治療に向かう子供たちと、少しでも寄り添える空間となるように意識しました。
( 右写真 )
キャラクターが持つ看板には、子供たちの名前が貼れるようにし、特別感も演出しています。

リノベーション前

センター外観

メットライフ生命保険様のサイトでも紹介されています ( link ) 小児がんの子どもたちを応援する活動

会社名メットライフ生命保険株式会社
事業内容生命保険会社
プロジェクト区分【 陽子線照射室のリノベーション 】
※ 筑波大学付属病院 陽子線医学利用研究センター内
所在地( 施工先住所 ) 茨城県つくば市天久保
URLメットライフ生命( WEBサイト
陽子線医学利用研究センター( WEBサイト

この事例を見た方は、他にもこんな事例を見ています。



(c) SYOUEI CREATE co., ltd. All Rights Reserved