オフィスリノベーション事例

Case155 : 株式会社プラウ21様

何気ない小さなコミュニケーションで
社内の温かいつながりやナレッジの共有を育むオフィス


「教育」に特化した編集プロダクションとして、各教科の専門チームによる年間1,000本以上の教材・テスト、教育情報誌などの編集を手掛ける株式会社プラウ21様。 この度、本社オフィスの一部リノベーションをお手伝いをさせていただきました。
これまでミーティングテーブル、資料参照のためのライブラリー、ワードローブなど個々の機能別に細かく間仕切られていたスペースを「何気ないコミュニケーション増加」「社員の一体感」をキーワードに一つの空間として再編。 特に業務外のちょっとした立ち話・会話のさらなる増加を目的に、自由な情報発信・書き込みができるホワイトボードとスタンディングテーブルを設置しました。 何気ない書き込みや会話から生まれる小さなコミュニケーションが、社内のより温かなつながりに、また業務課題解決のヒントを得たり、ナレッジ共有を生み出すことを目指しました。

足を運ぶ頻度の高い機能を持ったエリアを、ワークスペースから遠い位置にレイアウトし、コミュニケーション機会の自然な増加を図っています。
また、最も目立つ壁面にホワイトボード・掲示板・お菓子・飲み物といったような人が集まる機能を集め、帰社時や資料参照・ミーティング後にふらっとチェックしたり立ち寄れるような「場つくり」を行っています。

[ リノベーション前のオフィス ]

会社名株式会社プラウ21
事業内容「教育」に特化した編集プロダクション
プロジェクト区分【 オフィスリノベーション 】
所在地東京都品川区西五反田
URLhttp://plough21.jp/

この事例を見た方は、他にもこんな事例を見ています。



(c) SYOUEI CREATE co., ltd. All Rights Reserved