オフィス空間プロデュース事例
コンサルティング / デザイン・設計 / 施工

Case168 :
アイ・オーシステムインテグレーション株式会社 様

プロジェクト背景
以前のオフィス
群馬県「新前橋」駅から徒歩で約15分にオフィスを構えるアイ・オーシステムインテグレーション株式会社様。システム開発全般を担い、特に生産管理システムのコンサルテーションに強みを持っています。
専門的な強みを持つ同社が株主の変更など環境が変化する中、さらに組織の結束を固め『生産管理のプロフェショナルとして全国を飛びまわり、お客様に対して自由な発想で、より良い提案をし続ける』そんな会社になるべく、次のステージへの改革を進めていらっしゃいました。

プロジェクトミッション

「この会社、この仲間で働いていたい」とより強く思う会社へ

顧客が全国にわたり出張も多い同社。普段は社員が全国散り散りになるため、「今まで以上に社員同士が繋がり、コミュニケーションを深めることができ、皆がこの会社、この仲間で働くのが楽しい!」、ともっと思える社風つくり。

自社に合った仲間が採用できるリクルーティング促進

スピーディーな環境変化、そして会社が次のステージに進む中、より多くの「想いを一緒にできる仲間」が必要であり、自社に合った仲間の集まるリクルーティング支援。


SYOUEI - プロデュース視点

視点1.

全国行く先々でモチベーション高く提案をし続けていくための原動力として、実は「本社に滞在中の時間をどう過ごすか」ということが重要だと考えました。自由で、フランクでいられ、知識を共有でき、社員同士の係わり合いから「この仲間で一緒に働いているのって楽しいな」と思える。まるで本社が “ 皆が帰ってくる家 ” のような場所になる。そんな帰る場所があるからこそ、出張先でも各々が力を発揮できると考えました。
プロフェッショナルとしての意見交換、社員主導でちょっとした催し物を開催する社風を、いかに自然に共有でき、後押しできるような環境に変えられるかどうかが、新しいオフィス創りのポイントになると考えました。

視点2.

高崎駅から電車で3駅、さらに駅から徒歩15分という立地での採用強化。高崎からの人材獲得を視野に入れ、「高崎からちょっと遠いけれど、わざわざ電車に乗ってでもここで働きたい!」と心を動かすことのできる同社の魅力は何か、を探ることからはじめました。
システムエンジニアの方たちは会社に何を求め、どんなことに魅力を感じるのか。現社員が感じる同社の魅力とは。同社と他社との魅力の違いは何か。これらを洗い出し、求める人材の「感情を動かす」ための魅せる空間創りが必要だと考えました。


同ビル内増床 & リノベーション( 2017/9 )
新オフィス01
新オフィス02 新オフィス03
新オフィス04 新オフィス05

定期的にフードファイトを行うような、もともと楽しい社風をベースに持つ同社。
現状の働き方や社員の動き、社風をヒアリングした上で、「打合せスペース」「執務スペース」「フリーアドレス」の在り方と関係性を見直し、以前のオフィスに比べ、フランクで居やすく、また周りの社員を自然に感じやすい「心の距離感」にフォーカスした空間に。またスペース個々に目的を付与し運用ルールの策定もさせていただきました。業務的な連携はもちろん、業務外での会話や偶発的なコミュニケーションが生まれる仕掛けづくりを通して、楽しい社風が自然と滞留し、全体に伝播し感情が繋がる“皆が帰ってくる家”のようなオフィスを目指しました。

また、リクルーティングにおいて「高崎からわざわざ電車に乗ってでもここで働きたい!」のためには、プロフェッショナルとしての高い専門性と活躍の場への期待が伝わるのはもちろん、「この仲間と働いていく自分、という雇用条件以外の価値」を想像・期待させることが重要。空間に伝播するアイ・オーシステムインテグレーション様の魅力を応募者にどう伝えられるか、という「応募者への見え方」にもこだわることで、自社にベクトルの合った人材採用促進を狙いました。


リノベーションから1年後

みんなフランクで自由に仕事をしていて、良い雰囲気になっていると思いますよ( 矢萩部長 )

そう言えば、新しく入社した彼は高崎に住んでいたよね!( 関口社長 )

ホワイトボードの活用

社員の皆様が空間の主旨を理解し、ご活用いただいたことで、より自由でフランクな雰囲気つくりが進み、狙った社風変化に繋がったのだと思います。
また、リノベーション後に採用も進み始め、高崎在住の方も入社されているとのこと。単に内装デザインを変えただけでは人材は集まり難く、やはり企業の魅力そのものがポジティブに伝わらないと応募者には響きません。社員の皆様が作り出したプロの厳しさ、楽しさ、フランクさなど同社の魅力が空間を通してそのまま応募者に伝わっていることが、良い結果へのサポートになっていると思われます。

月曜日午前の会議が、すごくいいです!( 関口社長 )

休み明けの月曜日の午前中。やはりどうしても仕事のペースが上がるまで時間がかかる方も。。。月曜日の午前中にオープンスペースで部署会議を実施することで、その空気が会議に参加していない周りの方にも良い刺激となって伝わり、「プロモード」にシフトする良いきっかけになっているそうです。

インタビューの様子


会社の変革期にある同社では、順調に前に進んでおり、現社員が結束を固めるステージに入っていると感じました。


会社名アイ・オーシステムインテグレーション株式会社
事業内容システム開発全般 / 生産管理システムのコンサルテーション
プロジェクト区分【 リノベーション 】
URLhttps://www.iosi.co.jp/

この事例を見た方は、他にもこんな事例を見ています。



(c) SYOUEI CREATE co., ltd. All Rights Reserved