Design LIVE / デジタルとリアルの融合、アートアクアリウム

DESIGN LIVE
アートアクアリウム_01
  • アートアクアリウム_02 アートアクアリウム_03
    アートアクアリウム_04
    アートアクアリウム_05
    アートアクアリウム_06 アートアクアリウム_07
  • DESIGN :
    現代のテクノロジーと、古き良きリアルが生み出す様々なアクアリウム作品


    アクアリストの木村英智氏が独自の水槽デザインと高度な水質調整で、金魚の優雅な姿と古き良き江戸情緒を融合させたアクアアート。
    ( ※金魚は観賞用として江戸時代から一般庶民に広まったそうです。 )

    『 花魁 』
    世界で一番大きな、2m四方の金魚鉢。約1000匹を超える金魚が舞うように泳ぎます。ライティングにより7色に変化する鮮やかさで江戸花魁の華やかさを表現しています。

    『 ビョウブリウム(屏風水槽) 』
    水墨画風の映像を投影した屏風型水槽。テクノロジーとリアルを融合させたアートアクアリウムの代表格作品。

    他にもふすまを連想させる水槽や、乱反射がプリズム効果を生み出す多面体アクアリウムなど、現代のテクノロジーと、古き良きリアルが生み出す様々なアクアリウム作品が展示されています。
    1,000匹の金魚が舞い、圧倒的な存在感を放つ「 生きたアート作品 」に、ものすごく刺激を受けることが出来ました。デジタルとリアルの融合。オフィス空間の表現にも活かせそうな気がしています。

  • Index へ戻る
(c) SYOUEI CREATE co., ltd. All Rights Reserved