Interview 05 | 株式会社ビジネスコンサルタント 様




「コミュニケーションを大事にしている会社」だということを外部に伝えたかったんですね。

宇佐神:
今回は本当にありがとうございました。

根本社長:
こちらこそありがとうございました。

宇佐神:
全体的なリニューアルが終わりまして、まず感想をお聞かせいただけますか?


( 根本社長 )
根本社長:
そうですね。まず「やってよかった」と。
それがもう、最初の素直な印象です。それは、「社外向けと社内向けと両方に対し、私の考える会社の方向性を明確にできたから」ということが、一番大きいですね。

宇佐神:
"社外向け""社内向け"というのは、具体的には?

根本社長:
例えば"外向け"というのは、この(株)共感は、「将来は上場させるんだ。若い人が主体の会社にするんだ」と。これに対して(株)ビジネスコンサルタントは「伝統的な会社なんだ。」と。外部に向けて会社としての意気込みを示したかった、というのがありますね。
それから、どちらの会社にも共通して言えるのですが、「コミュニケーションを大事にしている会社」だということを外部に伝えたかったんですね。今いるウッドデッキのスペースや窓側のカウンター、ふんだんに取り入れられた観葉植物など、御社のデザイナーさんのご尽力でオフィスの各所にそのメッセージがちりばめられていて、外部に伝えていけるようになったと思います。

宇佐神:
ありがとうございます(笑)

根本社長:
それから"社内向け"と言うのは、社員の働く環境を良くしたいというメッセージを実際にオフィスで表すことができたことですね。働く環境に対する意識を実際に空間で明確に示して、これからもみんなで協力してがんばっていきたいですね。


今までは「お伺いします」だったところから、
「是非来て下さい」と言えるようになった。

宇佐神:リニューアルを終えられて、具体的に変わった点はありますか?


( 宇佐神 )
根本社長:
「お客様を会社に呼び易くなった」という声は聞きますね。今までは「お伺いします」だったところから、「是非来て下さい」と言えるようになった。そこは非常に変わったところかなと思います。

宇佐神:なるほど、そうですか。

根本社長:
やっぱり、なかなかこうゆう斬新なデザインってありませんからね(笑)。本当に感謝しています。


従業員の働く環境に対し経営者がどう取り組んでいるのか、というのを学生に感じ取ってもらえる部分もあるのではないでしょうか。


( エントランス )

( マグネットスペース )

( ミーティングスペース )
宇佐神:
採用面で活動がやりやすくなったなど効果はございますか?

根本社長:
何がよかったかというとMTGスペースとして作ったウッドデッキのスペースでプレゼンを行うことができたことですね。こういうオフィスって、ありそうでないですから。学生さんの印象にも残るのではないでしょうか。
また、執務スペースとMTGスペースを仕切る摺りガラスは、プライバシーを残しつつ開放感があって。これがね、私としては、たいへん気に入っています。従業員の働く環境に対し経営者がどう取り組んでいるのか、というのを学生に感じ取ってもらえる部分もあるのではないでしょうか。今回共感とビジコンの両方で採用になった学生を見ていると、われわれの進むべき方向を伝えることはできたのでは、とは思っています。

宇佐神:
新卒さんを、こちらにお呼びして、ここで最終的なプレゼンをして?

根本社長:
はい、そうですね。

宇佐神:
このオフィスを新卒サイトやホームページにも載せることで今後もますます学生さんにアピールしていけるのではないでしょうか。


お互いがいい刺激を与え合っていってほしいですね。

宇佐神:
以前のオフィスと比べて変わった点はありますか?

根本社長:
新しい感覚を取り入れている会社だなというメッセージを発信できるようになったと思います。


( 執務スペース )
宇佐神:
そうですよね。堅い会社というより柔軟な会社。

根本社長:
保険コンサルで伝統的に頑張ってきた株式会社ビジネスコンサルタントと、若い力がどんどん入ってくる株式会社共感。お互いがいい刺激を与え合っていってほしいですね。
両社の魅力とこのオフィスが相乗効果を生んで、今後もますます世の中へ発信していけると思っています。


オフィスにかかる費用をコストではなく大事な投資なんだと、思考をチェンジできたことが今回よかったですね。

根本社長:
経験則を持っている人が少ないという意味でも、やはりオフィスデザインというのは新しいジャンルですよね。

宇佐神:ええ。

根本社長:
今までオフィスを作るといったら机をいくつ配置して、掛け算をして、いくらかかるという発想。デザインでオフィス空間を考えるという発想ってまだ馴染みがないから。そういう中で、新しい発想を受け入れ、取り入れることができたことが、今回すごく良かったなと思っています。

宇佐神:その気持ちの切り替えを行ってリニューアルに臨んだことで効果も大きく変わってきますね。採用の面でも定着の面でも、あらゆる面でオフィスデザインが寄与するところは多いはずなのです。営業マンにとってお客様を自社にお呼びしてクロージングができるというのは1つの強みですし。また、自分の会社を誇りに思って、そして自信を持って外に出て行くというのも、今後業績につながっていくでしょう。

根本社長:
そうですね。オフィスをデザインするという発想を持つこともそうですし、オフィスにかかる費用をコストではなく大事な投資なんだと、思考をチェンジできたことが今回よかったですね。


これからうちの社員も喜んで働き方にもいい変化が生じてくると思います。

宇佐神:今回フリーアドレスを取り入れてみてどうですか。自分の席が決まっているのと、自由に選べるというのでは、社員の自主性という意味でも全然変わってきますよね。

根本社長:
私たちの若い頃では考えられないけど(笑)。今の若い人たちは、いいよね。

宇佐神:与えられた席で「やれ」と言われると、人間は逆に「やりたくない」という気になってしまいますよね。

根本社長:
そうですね(笑)。

宇佐神:でも「自由に」と言うと、モチベーションを上げて、自分からどんどん仕事をするし。それで、ひとりひとりがアイデアを出すことで社内がどんどん活性化してくる。そんな働き方には空間が与える影響がとても大きいですよね。

根本社長:
まあ、今完成してみて私自身が喜びを実感しているのですが、これからうちの社員も喜んで働き方にもいい変化が生じてくると思います。


企業姿勢ですよね。これがもう私と基本的に一緒ですから。そのベクトルの中で生まれるデザインに対しては信頼して任せられると思いました。






宇佐神:最後に弊社をパートナーとして選んでいただいた理由をお聞かせいただけますか。

根本社長:
やはりそれはね、翔栄クリエイトさんの会社理念と方向性の部分ですね。宇佐神さんの、相手側の役に立つ、相手側の本業に役に立つというところを考える、そこから自分たちのビジネスを考えるという、その企業姿勢ですよね。これがもう私と基本的に一緒ですから。そのベクトルの中で生まれるデザインに対しては信頼して任せられると思いました。

宇佐神:ありがとうございます。

根本社長:
とても難しい仕事だと思うんですね。相手側の経営者の考え方を聞いて、それをデザインに置き換える、というね。だけど、私の考えをご理解いただき、また北欧系の赤や黄色といった濃い色使いが好きだという趣向も汲み取っていただいて、うちの会社のためになるオフィスを作っていただいたので、ありがたく、本当に感謝しています。

宇佐神:こちらこそ、本当にありがとうございました。


(c) SYOUEI CREATE co., ltd. All Rights Reserved